心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、以下のような体験・経験を直接する、もしくは直接目撃することによって発症する場合がある。親しい友人や家族・親族に限定して、親しい関係者が同様の出来事を経験したという話を聞いた場合も発症する可能性がある。
【発症の原因となる出来事】

戦争 死と隣り合わせの恐怖、長時間に及ぶ極度の緊張、拷問、略奪、戦争犯罪など
犯罪 性的暴行、強盗、障がい、殺人(その人自身であれば未遂も含む)など
災害 自然災害:台風、ハリケーン、竜巻、落雷、自身など
人為災害:火災、公害など
予期せぬ災 交通事故、身体機能および内臓器官の重度な病など

【主な特徴】

精神疾患全般における大分類 心的外傷およびストレス因関連障害群
原因 強いストレスを伴う出来事
発症時期 年齢を問わず発症する可能性がある、
病型による下位分類 なし
有効とされる主な療法 認知行動療法・EMDR・薬物療法

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

心的外傷後ストレス障害は、対象が6歳以下の子どもかそうでないかによって診断基準が若干異なっている。

【主な診断基準】

基準A 実際に死に直結するような事柄や重症を負うようなことなどを以下のいずれか1つ以上の状況において経験している。
  1. 経験後も強いストレスが残る出来事(心的外傷的出来事)を直接経験する
  2. 他者に起こった出来事を直接目撃する
  3. 親族・友人などの身に起きた心的外傷的出来事についての話を聞く
  4. 心的外傷的出来事に伴う非常に不快な事柄に対して、職業上などの理由によって、繰り返し曝される体験をする(※警察官・消防士・医師など)。
基準B 心的外傷的出来事を経験した後、それに関して以下のいずれか1つ以上の症状がある。
  1. 心的外傷的出来事に関する苦痛を伴う記憶を突然かつ繰り返し思い出す。
  2. 心的外傷的出来事に関する苦痛を伴う夢を繰り返し見る。
  3. フラッシュバック体験。また、非常に極端な場合は現実認識の喪失がおきることもある。
  4. 心的外傷的出来事に類似するような内的または外的な状況・環境にさらされたことをきっかけに強烈または継続的な心理的苦痛を感じる。
  5. 心的外傷的出来事に類似するような内的または外的な状況・環境にさらされたことをきっかけに強烈または継続的な生理的な反応(心拍数や血圧の上昇、発汗など)が起こる。
基準D 心的外傷的出来事に伴い認知と感情のネガティブな変化が認められる。また、心的外傷的出来事を経験した後に以下のいずれか2つ以上の症状の発生もしくは悪化が認められる。
  1. 心的外傷的出来事に関する重要な部分に関する記憶の異常(思い出せないなど)
  2. 自分自身や他所および世の中に対する持続的なつい良い否定的な思い込みや予想。
  3. 心的外傷的出来事の原因や結果について、自分自身が過剰な罪悪感を館いたり、他者を過剰に避難するなどの認知の歪み。
  4. ネガティブな感情が持続的に生起する。
  5. 重要な活動への興味・関心の低下、または参加頻度の著しい減少。
  6. 孤立感・疎遠感。
  7. 持続的にポジティブな感情が生起することがない状態にある。
基準E 心的外傷的出来事と関連した覚醒ー睡眠における著しい変化が以下のいずれか2つ以上示される。
  1. 他者や物に対する言語的または肉体的な攻撃性によって示されるいらだたしさと激しい怒り。
  2. 無謀または自己破壊的な行動
  3. 過剰な警戒心
  4. 過剰な驚愕反応
  5. 注意の持続困難
  6. 睡眠障害(入眠困難・中途覚醒など)
基準F  基準B・C・D・Eが1ヶ月以上続いている。
基準G 各種症状により、苦痛を感じたり、日常生活・社会的活動(学業・職業など)に支障をきたしている。
基準H 各種症状は薬物などの外的要因によって引き起こされているものではない。

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

(38)

ナルコレプシー

抑制困難な睡眠欲求があり、同日中に何度も深い眠りに落ちてしまったり、うたた寝をしてしまったりするという睡眠ー覚醒障害群の疾患

  • 脳脊髄液内のヒポクレチンの欠乏(脳機能の異常)
  • 情動性脱力発作(カタプレキシー:喜び・怒り・驚き・恐怖などの感情の生起に伴って突然脱力状態になり、全身の筋肉に力が入らなくなる)
  • ノンレム睡眠からレム睡眠に移行する睡眠段階の異常(睡眠中に脳そのものが休息する機会がない)

(73)

更年期障害

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が欠乏した状態で身体が安定するまでの時期をさす。(閉経を挟んでその前後10年位の期間で個人差がある)

間脳の視床下部から分泌される性腺刺激ホルモンの分泌は続き、ホルモン環境がアンバランスになるが、さらに視床下部には、情動や自律神経の働きを司る中枢が集まっているため、様々な症状が現れる。

自律神経の乱れで起こる典型的な症状

  • ホットフラッシュ(のぼせ)
  • 発汗
  • 動悸
  • めまい
  • 脈の乱れ
  • 手足の冷え
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 疲労倦怠感
  • トイレが近い
  • 膣や尿道がひりひりする
  • イライラする
  • クヨクヨ考え込んでしまう
  • 気分が落ち込む

【精神症状】

 不眠・不安・イライラなどの症状が現れ、不定愁訴を訴えてくる女性も多い。
うつ症状がみられることがあり、更年期はうつ病が好発することもあるため、うつ病との見分けが必要となる

(101)

統合失調症

主な診断基準

精神疾患全般における大分類 ・・・ 統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群
原 因 ・・・ 未だ未解明だが脳内神経伝達物質であるドーパミンの分泌異常原因説がある。また、遺伝も関係する。
発症時期 ・・・ 主に10代後半~30代半ば
病型による下位分類 ・・・ なし
有効とされる主な療法 ・・・ 薬物療法・認知行動療法・ソーシャルスキルトレーニング

主な診断基準

基準A 胃かの症状のうち2つ以上が1ヶ月間にほぼ常に存在している。
また2つ以上の症状のうち、少なくとも1つは以下の1.2.3のいずれかである。
  1. 妄想
  2. 厳格
  3. 支離滅裂な発言・会話
  4. 支離滅裂な行動
  5. 陰性症状
基準B 各種症状の発症により、仕事・対人関係・自己管理などの面のうち1つ以上の機能が著しく低下している。
 基準C 各種症状が少なくとも6カ月感持続している。また、基準Aの症状については少なくとも1ヶ月以上持続している。
基準D 各種症状の発症原因が他の身体症状・精神疾患では説明できない。
基準E 各種症状は薬物などの外的要リンによって引き起こされているものではない。

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

【統合失調症の特徴】

自身の病識の欠如

【統合失調症の経過】・・・再発予防が重要

前駆期 ⇒ 急性期 ⇒ 小康期 ⇒ 回復期
⇒ 慢性期(陰性症状が顕著となり、重度の機能低下にいたることもある)

統合失調症の2つの症状

症状 様子 治療について
陽性症状 妄想・幻覚・支離滅裂で脱線の多い会話・支離滅裂な行動 向精神薬投与後の反応は高い
陰性症状 感情の平板化・思考の貧困・意欲の低下・活動の低下 向精神薬投与後の反応は低い

病識の認識に欠けているので、薬を指示通り服用するためのコンプライアンスを行うことがが大切

 

薬物療法の効果により症状がある程度落ち着いてから

  • 来談者中心療法
  • 認知行動療法
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)

家族へのサポートも重要

【統合失調症の病型】

【妄想型】 20~30歳に幻覚、妄想を前景に発病するもの。妄想性障害(パラノイア、パラフレニー)とどう違うのか議論が分かれる。比較的固定した妄想、幻覚が前景に出ていることが特徴。
【破瓜型】 10歳代後半から20歳頃に、成績低下、不登校などから気付かれる。他者との交流を避けて閉じこもりがち(自閉)に、昼夜逆転などで生活が不規則になる。浅博で不適切な感情、予測しがたいわざとらしい言動が特徴となっていて、幻覚や妄想は断片的であるか目立たないことが多く見られる。現在は【解体型】ともいわれる。
【緊張型】 20歳前後に発病し、興奮と混迷を繰り返し、拒絶症(外からの働きかけを反射的に拒む)、命令自動(外からの指示をそのまま受け入れる態度)、反響症状(他者の言葉、動作、表情などを無意識に反復する)、常同症(同じ姿勢や動作、言葉を何の意味も目的もなく長時間反復する)、わざとらしさ、カタレプシー(とらされた姿勢を保ち続け、自分からは元に戻そうそしない)などといった、精神運動症状が支配的になる。
【単純型】 幻覚妄想や精神運動症状などの陽性症状がなく、社会的機能の低下や言動の奇妙さといった陰性症状が進行する病型。
【残遺型】 陽性症状の活発な時期の後にみられ、主に陰性症状などが残っているのが特徴。
主に破瓜型、緊張型、妄想型の3つが代表的で、3つの型は互いに移りゆく。
緊張型を「自我が急速に失われる統合失調症の急性段階」、破瓜型を「慢性段階」、妄想型を「その移行期に修復しながら持ちこたえる段階」と捕らえることもできる。

(9)

地域精神医療(コミュニティ精神医療)

地域でクライアントを援助していく考え方を『地域精神医療(コミュニティ精神医療)』という。
長期にわたる入院を解消し、一日も早く社会へ送り出して、社会で独り立ち出来るようにサポートするため、クライアントに必要な心理療法やデイケアなどのサービスを提供し社会復帰のために市町村の施設を利用するなど、地域が一つとなってクライアントを援助していくのが目的である

(20)