心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、以下のような体験・経験を直接する、もしくは直接目撃することによって発症する場合がある。親しい友人や家族・親族に限定して、親しい関係者が同様の出来事を経験したという話を聞いた場合も発症する可能性がある。
【発症の原因となる出来事】

戦争 死と隣り合わせの恐怖、長時間に及ぶ極度の緊張、拷問、略奪、戦争犯罪など
犯罪 性的暴行、強盗、障がい、殺人(その人自身であれば未遂も含む)など
災害 自然災害:台風、ハリケーン、竜巻、落雷、自身など
人為災害:火災、公害など
予期せぬ災 交通事故、身体機能および内臓器官の重度な病など

【主な特徴】

精神疾患全般における大分類 心的外傷およびストレス因関連障害群
原因 強いストレスを伴う出来事
発症時期 年齢を問わず発症する可能性がある、
病型による下位分類 なし
有効とされる主な療法 認知行動療法・EMDR・薬物療法

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

心的外傷後ストレス障害は、対象が6歳以下の子どもかそうでないかによって診断基準が若干異なっている。

【主な診断基準】

基準A 実際に死に直結するような事柄や重症を負うようなことなどを以下のいずれか1つ以上の状況において経験している。
  1. 経験後も強いストレスが残る出来事(心的外傷的出来事)を直接経験する
  2. 他者に起こった出来事を直接目撃する
  3. 親族・友人などの身に起きた心的外傷的出来事についての話を聞く
  4. 心的外傷的出来事に伴う非常に不快な事柄に対して、職業上などの理由によって、繰り返し曝される体験をする(※警察官・消防士・医師など)。
基準B 心的外傷的出来事を経験した後、それに関して以下のいずれか1つ以上の症状がある。
  1. 心的外傷的出来事に関する苦痛を伴う記憶を突然かつ繰り返し思い出す。
  2. 心的外傷的出来事に関する苦痛を伴う夢を繰り返し見る。
  3. フラッシュバック体験。また、非常に極端な場合は現実認識の喪失がおきることもある。
  4. 心的外傷的出来事に類似するような内的または外的な状況・環境にさらされたことをきっかけに強烈または継続的な心理的苦痛を感じる。
  5. 心的外傷的出来事に類似するような内的または外的な状況・環境にさらされたことをきっかけに強烈または継続的な生理的な反応(心拍数や血圧の上昇、発汗など)が起こる。
基準D 心的外傷的出来事に伴い認知と感情のネガティブな変化が認められる。また、心的外傷的出来事を経験した後に以下のいずれか2つ以上の症状の発生もしくは悪化が認められる。
  1. 心的外傷的出来事に関する重要な部分に関する記憶の異常(思い出せないなど)
  2. 自分自身や他所および世の中に対する持続的なつい良い否定的な思い込みや予想。
  3. 心的外傷的出来事の原因や結果について、自分自身が過剰な罪悪感を館いたり、他者を過剰に避難するなどの認知の歪み。
  4. ネガティブな感情が持続的に生起する。
  5. 重要な活動への興味・関心の低下、または参加頻度の著しい減少。
  6. 孤立感・疎遠感。
  7. 持続的にポジティブな感情が生起することがない状態にある。
基準E 心的外傷的出来事と関連した覚醒ー睡眠における著しい変化が以下のいずれか2つ以上示される。
  1. 他者や物に対する言語的または肉体的な攻撃性によって示されるいらだたしさと激しい怒り。
  2. 無謀または自己破壊的な行動
  3. 過剰な警戒心
  4. 過剰な驚愕反応
  5. 注意の持続困難
  6. 睡眠障害(入眠困難・中途覚醒など)
基準F  基準B・C・D・Eが1ヶ月以上続いている。
基準G 各種症状により、苦痛を感じたり、日常生活・社会的活動(学業・職業など)に支障をきたしている。
基準H 各種症状は薬物などの外的要因によって引き起こされているものではない。

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

(38)

自己中心性(ピアジェ)

発達段階の主に前総先における認知発達上の制約を示す特徴

中心化・・・物事の認識や判断が自分の視点や経験を中心として行われること
(この時期の子どもは、自他の視点を区別することが難しく、同時に複数の視点に注意を向けることができない)

脱中心化・・自他の視点を区別し、相互の視点から判断ができる能力を獲得していく

(54)

神経性やせ症

神経性やせ症の診断基準における適正体重はBMI(Body Mass Index)によって規定される。
BMIは身長をメートル換算してから二乗し、その数値で体重(kg)を割ることで算出する。

BMI = 体重(kg)÷ 身長(m)2

算出されたBMIの数値が18.5以上25未満であれば、適正体重の範囲となる。
注意すべきことは、BMIの数値は神経性やせ症診断基準の一つでしかないということであり、ただ単に体重が少なすぎるというだけで神経性やせ症と診断することはできない

精神疾患全般における大分類 ・・・ 食行動障害および摂食障害郡
原 因 ・・・ 遺伝的要因が示唆される。対人関係上のストレスに起因されるケースも多くある。
病型による下位分類 ・・・ あり
有効とされる主な療法 ・・・ 認知行動療法・行動療法・薬物療法

主な診断基準

基準A 日常的な活動に被智用な栄養素の摂取を制限し、年齢・性別・成長・身体的健康状態など体重に関する様々な要素を考慮した上での適正体重を大きく下回る(BMIの下限を下回る)
基準B 適正体重を大きく下回るにも関わらず、体重増加または肥満になることに対する強い恐怖があり、体重増加を防ぐ積極的な行動を継続する
基準C 自身の体重・体系に対する認識が著しくゆがんでおり、体重・体系の自己認識が自己評価全体に不適切な影響を与えている。また適正体重を大きく下回る現在の自身の進退の問題に対する認識が欠如している

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

(66)

神経伝達物質

アセチルコリン

神経を興奮させる
学習・記憶・レム睡眠や目覚めに関わる。
脳内のアセチルコリン・・・知的活動・記憶・アルツハイマー型認知症の患者の脳内アセチルコリンの濃度は低下している。
筋肉・心臓の神経にもある

ノルアドレナリン

神経を興奮させる
不安や恐怖を引き起こす
目覚め・集中力・記憶
積極性を高める
痛みを感じなくする
ストレスがノルアドレナリンの働くを高める

ドーパミン

神経を興奮させ、快感と陶酔感を与える。
攻撃性、創造性、運動機能などを調節する。
情動、認知機能に大切な働きをしている。

ギャバGABA(γアミノ酪酸)

神経の働きを鎮めるアミノ酸
不安を鎮める、睡眠、けいれんを鎮める。筋肉の緊張を解く。
大脳皮質、小脳、海馬、脳幹部にある抑制性の神経伝達物質で、不安やけいれんと関係がある
GABA-A受容体—-ベンゾジアゼピン受容体と共合。ベンゾジアゼピン系の代表的な抗不安薬(精神安定剤)であるジアゼパムはGABA-A受容体のサブユニットに結合し、GABAの作用を強化させる。また、アルコールはGABA受容体に影響を与えて不安を解消する

セロトニン

行動には抑制が働くが、気分は興奮させる方向に働く。
脳のどの部分でセロトニンが不足しているかによっても異なる病気として現れる。
体温調節、血管や筋肉の調節、攻撃性の調節、運動、食欲、睡眠、不安などに関わっている。
セロトニン神経は、縫線核にはじまり、脳全体に分布している。
特に、偏桃体や視床下部、大脳皮質に多く、セロトニンが不足すると、感情や貪欲、性欲、睡眠の障害が出やすくなる。

(40)

サーガディアンリズム(概日リズム)

人間は約24時間のサイクルで脳波や体温、血圧などが規則的に変化すること
時差ボケは、概日リズムによる身体内の状態と外界の卯一致から生じる。

概日リズムは、視床下部にある松果体から分泌されるメラトニンというホルモンによって、制御されている。メラトニンの分泌は夜間に多くなり、昼間は減少する。(厳密には、起床から約14時間後にメラトニンの分泌が開始される。

メラトニンの分泌は光を投射されると抑制される特徴がある。夜間に存在しなかった太陽や照明の光を浴びることでメラトニンの分泌が減少し、それが「朝昼である・活動する段階である」という合図となって、徐々に覚醒・活動へと身体各部位に生理的変化が生じる。

また、生理心理学における研究により、人間は体温が高い時は実際よりも時間を早く感じ、逆に体温が低い時は実際よりも時間を遅く感じる傾向があることが分かっている。

時間に関しては認知心理学の観点からも研究がされており、認知的な負荷が高い時(複雑・困難な作業や課題実施時)は、実際よりも時間を長く感じ、逆に認知的な負荷が低い時(単純・平易な作業や課題実施時)は実際よりも時間を短く感じる傾向がある。

(59)

十二指腸潰瘍

胃潰瘍と同じく、小腸の一番初め、幽門の近くにある十二指腸に生じる潰瘍。

小腸は胃からの内容物が到達する気管で、胃酸を含んだ酸性の食べ物によってダメージを受けることがある。健康体であれば中和されて小腸に到達するが、ストレスなどによりその機能が働かなくなると、小腸に潰瘍を形成してしまうことがある。

(16)

消化器系のはたらき

消化管

口腔⇒食道⇒胃⇒小腸(十二指腸⇒空腸⇒回腸)⇒大腸(盲腸⇒結腸⇒直腸)⇒肛門

消化器官 働き
口腔 最初の消化器官

  • 物をかみ砕いたりして次の食道に送り込みやすい形にする
  • 唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)から分泌される唾液の働きにより炭水化物を分解する
食道 咽頭から胃までを結ぶ管

  • 食道の壁には輪状筋と縦走筋があって、蠕動運動し、食物を胃まで送る
  • 粘性の液体が分泌されていて食物をスムーズに遅れるようにしている
  • 嚥下しようとすると日必然的に軟口蓋が持ち上がり、鼻の入り口が閉じられ、喉の奥では咽頭蓋が気管を閉じることにより食物が気管に流れ込むのを防いでいる
食道から続く袋状の消化器官

  • 内部腺からペプシノーゲンや塩酸を分泌し、主にタンパク質を分解している。
  • 塩酸・・・ph1.0~1.5と強酸性で食物を殺菌。体内での腐敗や発酵を防ぐ
  • ペプシノーゲン・・・塩酸によってタンパク質分解酵素のペプシンに変化
  • 塩酸により自身の胃の細胞が傷つかないため粘液が分泌
  • 胃酸の流入で小腸がただれるのを防ぐため胃から小腸へつながる幽門は普段閉じていて、食物が弱酸性から中性であれば開くようになっている
腸(小腸・大腸・直腸) 小腸(十二指腸・空腸・回腸)

  • 十二指腸腺から分泌する腸液・・・酸性の食物を中和
  • 腸線から分泌する腸液・・・・・・終末酵素—食物の最終消化
  • 小腸の内壁にある絨毛(表面積畳30畳分)から栄養を吸収

(13)

児童精神分析

アンナ・フロイト

子どもは動機づけの手段が乏しく、治療者との関係を深めることが困難であると考え
ラポート形成の目的として遊具を用い、その後に精神分析をするという手法を用いる。

 

■メラニー・クライン

子どもには、ある程度の自我機能があると過程し、
遊びそのものが無意識を表現するものと考え、
子どもの遊びから事由連想を引き出し、精神分析を行った。

(37)

アドレナリンとノルアドレナリンとセロトニン

アドレナリンとノルアドレナリンの働きとは・・・

・ストレス時に気管支や筋肉の血管を拡張する
・ストレス時に心拍と血圧を増加させる
・急激なストレスを感じた時、闘争か逃走かの判断をする
・血糖量を上げ、血糖値の調節を行う

副腎髄質から分泌されるカテコールアミンと呼ばれるホルモン

■アドレナリン(興奮性のホルモン)・・・カテコールアミンの80%
生命の危機・不安・恐怖・怒りを感じたとき、体内をめぐって各臓器に興奮系のシグナルを送るのが主要な役割

■ノルアドレナリン(急激なストレスを感じた時に出るホルモン)
主に脳の働きに強い影響を与えている物質
生命の危機・不安・恐怖・怒りを感じたとき、神経伝達物質として私たちの思考や意識を活性化する

■セロトニン(過剰な活動を抑制して気分や意欲を安定させるホルモン)
アドレナリンやノルアドレナリンは、いわば興奮を引き起こす覚醒性の神経伝達物質でこれらが過剰に分泌されると、 興奮や不安などの状態が続き、過剰な活動に走ってしまうことで、生命の危機にも晒されてしまいます。
これを抑制して気分や意欲を安定させるのが、やはり神経伝達物質の一つでもあるセロトニンというホルモン

★過剰なストレス・・・アドレナリン・ノルアドレナリンなどの過剰分泌が続き、相対的にセロトニンが少なくなる
○興奮や不安が続く
○過剰な行動に走ってしまう
○セロトニンとのバランスが悪くなる
○うつ病が発症する

副腎疲労が原因のうつ症状の場合は、薬物治療をしてもなかなか回復出来ないケースが多い。

(40)