統合失調症

主な診断基準

精神疾患全般における大分類 ・・・ 統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群
原 因 ・・・ 未だ未解明だが脳内神経伝達物質であるドーパミンの分泌異常原因説がある。また、遺伝も関係する。
発症時期 ・・・ 主に10代後半~30代半ば
病型による下位分類 ・・・ なし
有効とされる主な療法 ・・・ 薬物療法・認知行動療法・ソーシャルスキルトレーニング

主な診断基準

基準A 胃かの症状のうち2つ以上が1ヶ月間にほぼ常に存在している。
また2つ以上の症状のうち、少なくとも1つは以下の1.2.3のいずれかである。
  1. 妄想
  2. 厳格
  3. 支離滅裂な発言・会話
  4. 支離滅裂な行動
  5. 陰性症状
基準B 各種症状の発症により、仕事・対人関係・自己管理などの面のうち1つ以上の機能が著しく低下している。
 基準C 各種症状が少なくとも6カ月感持続している。また、基準Aの症状については少なくとも1ヶ月以上持続している。
基準D 各種症状の発症原因が他の身体症状・精神疾患では説明できない。
基準E 各種症状は薬物などの外的要リンによって引き起こされているものではない。

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

【統合失調症の特徴】

自身の病識の欠如

【統合失調症の経過】・・・再発予防が重要

前駆期 ⇒ 急性期 ⇒ 小康期 ⇒ 回復期
⇒ 慢性期(陰性症状が顕著となり、重度の機能低下にいたることもある)

統合失調症の2つの症状

症状 様子 治療について
陽性症状 妄想・幻覚・支離滅裂で脱線の多い会話・支離滅裂な行動 向精神薬投与後の反応は高い
陰性症状 感情の平板化・思考の貧困・意欲の低下・活動の低下 向精神薬投与後の反応は低い

病識の認識に欠けているので、薬を指示通り服用するためのコンプライアンスを行うことがが大切

 

薬物療法の効果により症状がある程度落ち着いてから

  • 来談者中心療法
  • 認知行動療法
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)

家族へのサポートも重要

【統合失調症の病型】

【妄想型】 20~30歳に幻覚、妄想を前景に発病するもの。妄想性障害(パラノイア、パラフレニー)とどう違うのか議論が分かれる。比較的固定した妄想、幻覚が前景に出ていることが特徴。
【破瓜型】 10歳代後半から20歳頃に、成績低下、不登校などから気付かれる。他者との交流を避けて閉じこもりがち(自閉)に、昼夜逆転などで生活が不規則になる。浅博で不適切な感情、予測しがたいわざとらしい言動が特徴となっていて、幻覚や妄想は断片的であるか目立たないことが多く見られる。現在は【解体型】ともいわれる。
【緊張型】 20歳前後に発病し、興奮と混迷を繰り返し、拒絶症(外からの働きかけを反射的に拒む)、命令自動(外からの指示をそのまま受け入れる態度)、反響症状(他者の言葉、動作、表情などを無意識に反復する)、常同症(同じ姿勢や動作、言葉を何の意味も目的もなく長時間反復する)、わざとらしさ、カタレプシー(とらされた姿勢を保ち続け、自分からは元に戻そうそしない)などといった、精神運動症状が支配的になる。
【単純型】 幻覚妄想や精神運動症状などの陽性症状がなく、社会的機能の低下や言動の奇妙さといった陰性症状が進行する病型。
【残遺型】 陽性症状の活発な時期の後にみられ、主に陰性症状などが残っているのが特徴。
主に破瓜型、緊張型、妄想型の3つが代表的で、3つの型は互いに移りゆく。
緊張型を「自我が急速に失われる統合失調症の急性段階」、破瓜型を「慢性段階」、妄想型を「その移行期に修復しながら持ちこたえる段階」と捕らえることもできる。

(9)

地域精神医療(コミュニティ精神医療)

地域でクライアントを援助していく考え方を『地域精神医療(コミュニティ精神医療)』という。
長期にわたる入院を解消し、一日も早く社会へ送り出して、社会で独り立ち出来るようにサポートするため、クライアントに必要な心理療法やデイケアなどのサービスを提供し社会復帰のために市町村の施設を利用するなど、地域が一つとなってクライアントを援助していくのが目的である

(20)

糖尿病

糖尿病とは、血糖を低下させるホルモンのインスリン不足によって引き起こされる病気

■1型糖尿病(IDDM)

1型の発病の多くが急激で重症になりやすい特徴がある。原因はウイルス感染とこれを契機におこる自己免疫異常によりすい臓のランゲルハンス島β細胞の破壊でインスリン分泌が欠乏し、インスリンの絶対的不足によって発症する。

■2型糖尿病(NIDDM)

日本の糖尿病の大部分がこの2型糖尿病で生活習慣病とされている。2型糖尿病はインスリン分泌異常やインスリン抵抗性といった遺伝的異常に、過食、偏食、運動不足、ストレスなどの生活習慣などの影響が加わり無症状のうちに発病するもの。
肥満の関与が最重要とされ、中高年での糖尿病の予防にはまず太らないことが大切。

■その他の原因

遺伝因子として遺伝子異常が同定されたものと他の疾患、条件に伴うものの2つのタイプ。

  • A.遺伝因子として遺伝子異常が同定されたもの
  • B.他の疾患、条件に伴うもの

■妊娠糖尿病(GDM)

妊娠に際してみられる糖尿病状態をいい、出産後改めて糖尿病についての診断が必要になってくる

 

【精神症状】

糖尿病の経過は、長期にわたり、治療が不充分な場合、糖尿病性網膜症、腎臓障害、尿毒症などの症状を引き起こすこともある、特有の血管障害や神経障害が出現する。血管障害の結果、動脈硬化を生じ、虚血性心疾患や脳梗塞などの合併症を伴い、神経障害は、疝痛を伴うこともあり疝痛性ニューロパチーは、多くのうつ状態を現す。

神経伝達物質

アセチルコリン

神経を興奮させる
学習・記憶・レム睡眠や目覚めに関わる。
脳内のアセチルコリン・・・知的活動・記憶・アルツハイマー型認知症の患者の脳内アセチルコリンの濃度は低下している。
筋肉・心臓の神経にもある

ノルアドレナリン

神経を興奮させる
不安や恐怖を引き起こす
目覚め・集中力・記憶
積極性を高める
痛みを感じなくする
ストレスがノルアドレナリンの働くを高める

ドーパミン

神経を興奮させ、快感と陶酔感を与える。
攻撃性、創造性、運動機能などを調節する。
情動、認知機能に大切な働きをしている。

ギャバGABA(γアミノ酪酸)

神経の働きを鎮めるアミノ酸
不安を鎮める、睡眠、けいれんを鎮める。筋肉の緊張を解く。
大脳皮質、小脳、海馬、脳幹部にある抑制性の神経伝達物質で、不安やけいれんと関係がある
GABA-A受容体—-ベンゾジアゼピン受容体と共合。ベンゾジアゼピン系の代表的な抗不安薬(精神安定剤)であるジアゼパムはGABA-A受容体のサブユニットに結合し、GABAの作用を強化させる。また、アルコールはGABA受容体に影響を与えて不安を解消する

セロトニン

行動には抑制が働くが、気分は興奮させる方向に働く。
脳のどの部分でセロトニンが不足しているかによっても異なる病気として現れる。
体温調節、血管や筋肉の調節、攻撃性の調節、運動、食欲、睡眠、不安などに関わっている。
セロトニン神経は、縫線核にはじまり、脳全体に分布している。
特に、偏桃体や視床下部、大脳皮質に多く、セロトニンが不足すると、感情や貪欲、性欲、睡眠の障害が出やすくなる。

(40)