心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、以下のような体験・経験を直接する、もしくは直接目撃することによって発症する場合がある。親しい友人や家族・親族に限定して、親しい関係者が同様の出来事を経験したという話を聞いた場合も発症する可能性がある。
【発症の原因となる出来事】

戦争 死と隣り合わせの恐怖、長時間に及ぶ極度の緊張、拷問、略奪、戦争犯罪など
犯罪 性的暴行、強盗、障がい、殺人(その人自身であれば未遂も含む)など
災害 自然災害:台風、ハリケーン、竜巻、落雷、自身など
人為災害:火災、公害など
予期せぬ災 交通事故、身体機能および内臓器官の重度な病など

【主な特徴】

精神疾患全般における大分類 心的外傷およびストレス因関連障害群
原因 強いストレスを伴う出来事
発症時期 年齢を問わず発症する可能性がある、
病型による下位分類 なし
有効とされる主な療法 認知行動療法・EMDR・薬物療法

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

心的外傷後ストレス障害は、対象が6歳以下の子どもかそうでないかによって診断基準が若干異なっている。

【主な診断基準】

基準A 実際に死に直結するような事柄や重症を負うようなことなどを以下のいずれか1つ以上の状況において経験している。
  1. 経験後も強いストレスが残る出来事(心的外傷的出来事)を直接経験する
  2. 他者に起こった出来事を直接目撃する
  3. 親族・友人などの身に起きた心的外傷的出来事についての話を聞く
  4. 心的外傷的出来事に伴う非常に不快な事柄に対して、職業上などの理由によって、繰り返し曝される体験をする(※警察官・消防士・医師など)。
基準B 心的外傷的出来事を経験した後、それに関して以下のいずれか1つ以上の症状がある。
  1. 心的外傷的出来事に関する苦痛を伴う記憶を突然かつ繰り返し思い出す。
  2. 心的外傷的出来事に関する苦痛を伴う夢を繰り返し見る。
  3. フラッシュバック体験。また、非常に極端な場合は現実認識の喪失がおきることもある。
  4. 心的外傷的出来事に類似するような内的または外的な状況・環境にさらされたことをきっかけに強烈または継続的な心理的苦痛を感じる。
  5. 心的外傷的出来事に類似するような内的または外的な状況・環境にさらされたことをきっかけに強烈または継続的な生理的な反応(心拍数や血圧の上昇、発汗など)が起こる。
基準D 心的外傷的出来事に伴い認知と感情のネガティブな変化が認められる。また、心的外傷的出来事を経験した後に以下のいずれか2つ以上の症状の発生もしくは悪化が認められる。
  1. 心的外傷的出来事に関する重要な部分に関する記憶の異常(思い出せないなど)
  2. 自分自身や他所および世の中に対する持続的なつい良い否定的な思い込みや予想。
  3. 心的外傷的出来事の原因や結果について、自分自身が過剰な罪悪感を館いたり、他者を過剰に避難するなどの認知の歪み。
  4. ネガティブな感情が持続的に生起する。
  5. 重要な活動への興味・関心の低下、または参加頻度の著しい減少。
  6. 孤立感・疎遠感。
  7. 持続的にポジティブな感情が生起することがない状態にある。
基準E 心的外傷的出来事と関連した覚醒ー睡眠における著しい変化が以下のいずれか2つ以上示される。
  1. 他者や物に対する言語的または肉体的な攻撃性によって示されるいらだたしさと激しい怒り。
  2. 無謀または自己破壊的な行動
  3. 過剰な警戒心
  4. 過剰な驚愕反応
  5. 注意の持続困難
  6. 睡眠障害(入眠困難・中途覚醒など)
基準F  基準B・C・D・Eが1ヶ月以上続いている。
基準G 各種症状により、苦痛を感じたり、日常生活・社会的活動(学業・職業など)に支障をきたしている。
基準H 各種症状は薬物などの外的要因によって引き起こされているものではない。

(DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアルより)

(38)

地域精神医療(コミュニティ精神医療)

地域でクライアントを援助していく考え方を『地域精神医療(コミュニティ精神医療)』という。
長期にわたる入院を解消し、一日も早く社会へ送り出して、社会で独り立ち出来るようにサポートするため、クライアントに必要な心理療法やデイケアなどのサービスを提供し社会復帰のために市町村の施設を利用するなど、地域が一つとなってクライアントを援助していくのが目的である

(20)

ケースカンファレンス

保険、医療、福祉等m各領域の専門職が一つのチームとなってクライアントに対してのカウンセリングの方針や、他の職種からの援助や助言を求める事例会議のこと。

ケースカンファレンスの目的はクライアントに対して最も有意義なサービスを提供することだが、その他の職種の人からの意見は重要であり、同業者であっても違う見方からのアプローチを得ることができるのでカウンセラーの自己研鑽の場でもある

(21)

ピアジェの認知発達論

『操作』・・・論理的構造性を持った思考

感覚-運動期 生後~2歳頃 言葉を使い始める。
対象をイメージや言葉で表現するようになる。
言葉や具体的なものを別の物にたとえて考えるようになる
見立て遊び(ごっこ遊び)
象徴的に考えられるが、論理的に組み立てられているわけではない
前操作期 2歳~7歳頃 自己中心性
他の視点に立って物事を考えることが困難。
他人も自分と同じ様に考えたり感じたりしていると思う傾向がある。
自他の区別、主観と客観の区別が不充分
アニミズム傾向(考えたことが実在する。全ての物は生きて意識を持っている)
具体的操作期 7歳~12歳頃 様々な保存概念を獲得、巧みに理屈を使いこなすが、具体的に感覚器官でとらえられたものに限る。抽象的なものについては、まだ理解が及ばない
形式的操作期 12歳~ 抽象的な表現を用いる。
因果関係によって物事を考えることができる。
頭の中で、論理的、抽象的に物事を考えることができ、具体的は、頭の中で立てた仮設を検証するための形式的なものとなる

(48)

自己中心性(ピアジェ)

発達段階の主に前総先における認知発達上の制約を示す特徴

中心化・・・物事の認識や判断が自分の視点や経験を中心として行われること
(この時期の子どもは、自他の視点を区別することが難しく、同時に複数の視点に注意を向けることができない)

脱中心化・・自他の視点を区別し、相互の視点から判断ができる能力を獲得していく

(54)