パーキンソン病

線条体のドーパミンが不足するために、線条体のアセチルコリン神経を押さえることができず、興奮が高くなりすぎる。この興奮が、視床、運動や、脊髄を通って筋肉に伝わる結果、パーキンソン病に特有の手足の震えやぎこちない動きが発生する。

(96)

神経伝達物質

アセチルコリン

神経を興奮させる
学習・記憶・レム睡眠や目覚めに関わる。
脳内のアセチルコリン・・・知的活動・記憶・アルツハイマー型認知症の患者の脳内アセチルコリンの濃度は低下している。
筋肉・心臓の神経にもある

ノルアドレナリン

神経を興奮させる
不安や恐怖を引き起こす
目覚め・集中力・記憶
積極性を高める
痛みを感じなくする
ストレスがノルアドレナリンの働くを高める

ドーパミン

神経を興奮させ、快感と陶酔感を与える。
攻撃性、創造性、運動機能などを調節する。
情動、認知機能に大切な働きをしている。

ギャバGABA(γアミノ酪酸)

神経の働きを鎮めるアミノ酸
不安を鎮める、睡眠、けいれんを鎮める。筋肉の緊張を解く。
大脳皮質、小脳、海馬、脳幹部にある抑制性の神経伝達物質で、不安やけいれんと関係がある
GABA-A受容体—-ベンゾジアゼピン受容体と共合。ベンゾジアゼピン系の代表的な抗不安薬(精神安定剤)であるジアゼパムはGABA-A受容体のサブユニットに結合し、GABAの作用を強化させる。また、アルコールはGABA受容体に影響を与えて不安を解消する

セロトニン

行動には抑制が働くが、気分は興奮させる方向に働く。
脳のどの部分でセロトニンが不足しているかによっても異なる病気として現れる。
体温調節、血管や筋肉の調節、攻撃性の調節、運動、食欲、睡眠、不安などに関わっている。
セロトニン神経は、縫線核にはじまり、脳全体に分布している。
特に、偏桃体や視床下部、大脳皮質に多く、セロトニンが不足すると、感情や貪欲、性欲、睡眠の障害が出やすくなる。

(40)