児童精神分析

アンナ・フロイト

子どもは動機づけの手段が乏しく、治療者との関係を深めることが困難であると考え
ラポート形成の目的として遊具を用い、その後に精神分析をするという手法を用いる。

 

■メラニー・クライン

子どもには、ある程度の自我機能があると過程し、
遊びそのものが無意識を表現するものと考え、
子どもの遊びから事由連想を引き出し、精神分析を行った。

(37)